感謝の声

tonokansya.exblog.jp
ブログトップ

『教訓で読み解く遠野物語』をkindleで出版しました

私事ですがこの度kindleにて『教訓で読み解く遠野物語』を電子出版致しました。
コチラで購入できます。kindleをお持ちでなくても、スマートフォンにkindleアプリを入れれば読むことが出来ますので、是非一度手に取ってみて下さい。ちなみに「きんどるどうでしょう」さまにもとりあげられ、インタビューも掲載されています。
下に一話をまるまる掲載します。書籍の方にはフリガナが全部ふってあり、全編このような感じでさくさく読めますのでお子様にもどうぞオススメです。


和を保つことの重要性【二話】
 二 遠野の町は南北の川の落合にあり。以前は七七十里とて、七つの渓谷各七十里の奥より売買の貨物を聚め、その市の日は馬千匹、人千人の賑はしさなりき。四方の山々の中に最も秀でたるを早池峰といふ。北の方附馬牛の奥にあり。東の方には六角牛山立てり。石神といふ山は附馬牛と達曾部との間にありて、その高さ前の二つよりも劣れり。
 大昔に女神あり、三人の娘を伴ひてこの高原に来たり、今の来内村の伊豆権現の社ある処に宿りし夜、今夜よき夢を見たらん娘によき山を与ふべしと母の神の語りて寝たりしに、夜深く天より霊華降りて姉の姫の胸の上に止まりしを、末の姫目覚めてひそかにこれを取り、わが胸の上に載せたりしかば、つひに最も美しき早池峰の山を得、姉たちは六角牛と石神とを得たり。若き三人の女神各三つの山に住し、今もこれを領したまふゆゑに、遠野の女どもはその妬みを畏れて今もこの山には遊ばずといへり。



 「和をもって以て貴しとなす」という言葉があります。古来より日本では、負けることより争いを起こすことの方が悪いこととされてきました。だからこそ「負けるが勝ち」ということわざも出来たのです。つまり正義を主張し勝利を収めることよりも、争いをなくし和を保つ方が優先されたのです。
 このお話では、一番下の娘がずるをしてしまいます。もちろん二人の姉は、そのことを知っていたでしょう。だからこそ本文の最後に「遠野の女はその妬みを恐れてこの山には入らないのだ」という記述があるのだと思います。下の娘が悪いのは誰の目にも明白で、姉二人は母神にずるを訴えることも出来ました。しかしながらそうしませんでした。もしもずるを訴えた場合どうなっていたでしょうか。姉妹の仲は当然ながら悪くなり、ともすると母神の怒りをかい、三姉妹とも一つの山も貰えなかったかもしれません。それよりは、早池峰山よりは劣るけれども山をもらえ、姉妹の仲も保てる方が良いですよね。「負けるが勝ち」というのはこのことを言うのです。
 私が子供の頃は兄弟と喧嘩をすると、「負けるが勝ちだよ」と祖母に言われたものです。日本ならではの和を保つためのこの知恵を、これからも大事にしていきたいものです。
[PR]
# by kansyanokoe | 2013-04-08 13:28 | ひとりごと

出会いに感謝

a0180968_14585039.jpg

a0180968_1501724.jpg


 遠野市上郷町の女性と、愛媛県津島町の女性の感謝の声です。

 素敵な出会いやSMAPと出会えたことはもちろんのこと、就職が決まったことも、すべて「出会い」というものの形の一つです。「縁結び」という言葉が男女の恋愛だけを指すものではなく、全ての目に見えない働きを表すように、「出会い」という言葉にも、人と人との出会いという以外にも、物事との関わり合いができることも表します。

 人との出会いといったときには「一期一会」などといって、今のこの出会いが唯一無二のものとして尊ぶということがありますが、この絵馬に書かれたような「就職」といった人以外の事柄に対しては、あまりこのようなことは意識されないのではないでしょうか。

 人との出会い以外の広い意味での「出会い」に対しても、「一期一会」の精神で接したいものですね。それこそが、その出会いを価値あるものにしてくれると思います。

神様に感謝、感謝。
[PR]
# by kansyanokoe | 2013-02-13 15:19 | 感謝の声

勉強が出来ることに感謝

a0180968_16242589.jpg

遠野市青笹町の女の子の感謝の声です。

前回に引き続き、子供の掛けた絵馬を紹介します。

勉強が出来るということは、勉強が「義務」となっている今なればこそ当たり前のことですが、過去に目を向ければ日本においても少し前までは勉強がしたくても出来ない人がいっぱいいましたし、世界に目を向ければ今でもなお満足な教育を受けれない国もあります。福沢諭吉の『学問のススメ』を持ち出すまでもなく、私達人間社会にとって、勉強というのはよりよい人生を送るための必須事項だと言えるでしょう。
あたりまえすぎてなかなか気づけないことですが、この女の子は八幡様にどんなありがとうを伝えるか考えるうちに、その当たり前のことに気づく事が出来たのですね。この絵馬から、とても楽しそうに勉強している姿が目に浮かぶようです。
学力の低下が叫ばれている昨今ですが、この女の子のように、勉強の大切さ・楽しさを味わうことの出来るような教育環境を整えてあげたいものですね。

八幡様である応神天皇の御代に、「千字文」や「論語」が伝わったと言われておりますことから、八幡様は学問の神様とも言われております。どうか八幡様の御加護の元、さらに勉学に励んで立派に成長しますよう御祈念申し上げます。

神様に感謝、感謝。
[PR]
# by kansyanokoe | 2013-02-05 16:36 | 感謝の声

ご祈祷でお世話になったことに感謝

a0180968_14164840.jpg

本年最初の感謝の声は、北上市下鬼柳のお子様の絵馬を取り上げてみたいと思います。

始めてこの絵馬を目にしたときの衝撃は忘れられません。これほどしっかりした子供に育てるにはどのような躾をすればいいのでしょうか、私が教えて欲しいくらいです。

ご祈祷に対する御礼を書くこと自体がすごいことですが、注目すべきは妹のため、つまり自分以外の事に対して御礼の言葉を述べていることです。よほどしっかり思いやりの心が育っているのでしょう。

大人ですら自分のことばかりに目がいきがちなものですが、子供のうちからこのような利他の心を持つことはとても素晴らしいことですね。この子の将来が楽しみです。

そして、周囲の人に対する思いやりの心を芽生えさせ、このような行動にうつすきっかけを作ってくださった神様にも感謝の心を忘れたくないものですね。

神様に感謝、感謝。
[PR]
# by kansyanokoe | 2013-01-30 14:29 | 感謝の声

成熟した信仰とは

a0180968_15344679.jpg

成熟した信仰とは、言い換えれば「大人の信仰」とも言えます。
これは、一言で言えば「自分自身に責任を持つ」信仰です。
わかりやすく、一つ本当にあった話を紹介致します。
うろ覚えで細かいところは不明瞭ですが、大体このようなお話でした。

ある人は東日本大震災の被害を受けた沿岸地方でボランティアをしていました。
ボランティアの一環で建物を建てようということになり、その作業をしていたところ嵐で建築途中の建物が壊れてしまいました。その人はとても悲しみました。神も仏もないと思ったそうです。
しかし、その人はすぐに「神様が、この建物では小さすぎると言っているのだ」と思い直し、今度は一回り大きい建物を無事建てることができました。

このお話で重要なのは、神も仏もないと思った後に、すぐ自分自身の責任で次の行動を起こしていることです。
信仰が未熟な場合は神様に責任を転嫁し、神様に頼るばかり、呪うばかりで建物を建てることが出来なかったでしょう。
また、そもそも信仰自体を持っていない場合、最初の建物が壊れてしまった段階で心が折れ、建物を完成させることが出来なかったかもしれませんし、少なくとも一回り大きな建物を建てようという気は起きなかったことでしょう。

神様は、私達の成長を心より願っております。
お願いした事が叶わないときもあるかもしれません。
祈りとは「叶う」ものではなく「通じる」ものです。
心を込めた祈りは、たとえ叶わなくとも必ず神様に通じています。
あなたの成長に必要な事と受け止め、さらに一回りも二回りも成長出来るよう努力したいものです。
[PR]
# by kansyanokoe | 2012-12-09 15:57 | ひとりごと

母に感謝

a0180968_11303930.jpg

ずいぶん久々の更新になってしまい申し訳ありません・・・。定期的に更新することはなかなか難しいですね。毎日ブログを更新されている方を尊敬します。
今後も大神様への感謝の言葉を紹介していきたいと思いますので、気長におつきあい下さい。

さて、今回は花巻市西宮野目の方の感謝の声です。

親と子というのはなかなか分かり合えないものということは例を引くまでもなく自明の理ですが、やはり人間というものは自分を理解して欲しいという欲求を本質的にもっていますし、まして血を分けた肉親であればなおのこと理解していて当然という気持ちを持ってしまいがちです。

親の心子知らずと言いますが、逆に人は、親になった瞬間に子供の心を理解できなくなるとも言えるでしょう。
お互いを理解し合えることは、とても難しいことです。

そうしたなか、このような絵馬を見ると、分かり合えないまでも相手の感情を推し量って幸せに生きることは可能だと再確認させられます。私たちは人間であり、人間である以上世界広しといえども一人として感情を持っていない人はいませんから、もちろん気にくわないことがあればけんかもします。
しかしながら、「母から生まれてきて良かった」という言葉は、そのけんかさえも自らを成長させるための「肯定」だと言っているようです。

そうした感情は、声に出したり文字に書かなければなかなか伝わるものではありません。ともすると自分ですら、文字にするまではその感情に気付いていないのかも知れません。
そしてこの感謝の声は、間違いなく神様の前に立った清々しい素直な気持ちの中で、自然と立ち上がった感情だと思うのです。

神様に感謝、感謝。
[PR]
# by kansyanokoe | 2012-10-23 11:54 | 感謝の声

ロンドン五輪馬術競技出場選手・馬の健闘を祈る

a0180968_1481015.jpg

築館の男性の方の祈願の絵馬です。
今回は感謝の言葉ではありませんが、タイムリーな絵馬なので紹介させて頂きました。

この方は、馬術競技の方の関係者でしょうか。おそらく選手や馬の日頃の鍛錬を身近なところで見守ってきたことだと思います。この絵馬からは、その健闘に期待する思いは並々ならぬものが感じられます。

なぜ馬術競技に関する絵馬が掛けられたのかと少し考えてみましたが、もちろん八幡様は古来より武神として崇められ、勝負事にはその御神徳を遺憾なく発揮されることを期待してのものだと思いますが、それともう一つ、遠野は昔から馬産地で有名だということもその理由の一つなのではないかと思います。
当社の境内地には馬魂碑があり、昔から丁重に馬の魂を祀っていますし、遠野には全国的にも有名な馬と人とが一つ屋根の下で暮らす「曲がり屋」があります。
このような馬を大事にする文化が根強い遠野という地の氏神様にその健闘を祈りたいと思うことは、とても自然なことのように感じられました。

この願いが大神様に通じ好成績をのこして、感謝の絵馬を掛けて下されば、とても嬉しいことと存じます。

神様に感謝、感謝。
[PR]
# by kansyanokoe | 2012-07-22 14:21 | 感謝の声

ご祈祷の意義

a0180968_136671.jpg

とあるサイトで「厄払いを勧められたときの完璧な反論法」という記事を目にしました。

その方がが言うには、
『「厄払いしないで悪いことが起こったら、あなたはきっと『厄払いしなかったからだ』と言うでしょう。
厄払いして悪いことが起こったら、あなたはきっと『厄払いしたからこの程度で済んだんだ』と言うでしょう。
厄払いしないで無事過ごせたら、あなたはきっと『運が良かっただけだ』と言うでしょう。
厄払いして無事過ごせたら、あなたはきっと『厄払いしたおかげだ』と言うでしょう。
結局、来年がどんな年になっても、厄払いしたかしなかったかとは、全く無関係だということを、あなた自身が証明することになるということは、すでにわかっています。
なので、厄払いなんてものにムダな金をかける必要はないですよ」』
として、厄祓いが全く無意味であると結論づけています。

こういった考え方はとても合理的であると思いますし、現代ではこのような合理的な考え方がもてはやされていることも理解出来ます。しかし私はなお、以下の二つの点により、厄祓いに限らずご祈祷全般には無視できない大きな意義があると思います。

まず一つ目は、ご祈祷を受けることにより、生活が充実したものになるということです。
どういう事かというと、ご祈祷を受けることにより、不安を解消することが出来るわけです。つまり、「厄年でなにか悪いことが起きたらどうしよう」と不安に生活するよりも、「厄祓いをしたんだから大丈夫。神様が見守って下さる。」と思い生活するのでは、後者の方が自分本来の、もしくは自分の持っている以上のパフォーマンスを発揮できるのではないでしょうか。

もう一つは、そもそもご祈祷は「感謝」を基礎にしているということです。
皆さんはご祈祷というと「お願い事」をするものだと思っている方が大半だと思いますが、本来ご祈祷は「感謝」が先立っているものなのです。つまり、厄払いでいえば「厄年まで無事生きられたことを感謝する」ことが第一で、その次に厄年を無事乗り越えられますようにと祈るのです。
願い事が叶えられなければ無くなってしまうような、そんな神様との取引のような信仰は、真の信仰ではありません。本当の信仰とは、今我が身在ることを感謝すること、それにつきます。恨み言ばかりの人生は有意義なものにはなり得ません。
自分に足りないものを数えるのではなく、自分が今持っているものを数える、そのきっかけになること。あれもないこれもないと嘆いたり不安になったりするのではなく、あれも持っているこれも持っていると満足し安心すること。そんなこともご祈祷の意義の一つではないかと思います。
[PR]
# by kansyanokoe | 2012-06-26 13:27 | ひとりごと

出会いに感謝、支援に感謝

a0180968_14515355.jpg

a0180968_14521647.jpg


福岡市の男性と、遠野市青笹町の女性の感謝の声です。

あの大震災から一年以上の時間が経過しました。
過ぎ去った時間に比例して、新聞やニュースが大震災を取り上げる時間が減っています。
まだまだ被災者あるいは東北全体が大震災の被害から立ち直るには様々な支援が必要です。
そのお手伝いをするボランティアの方々には、本当に頭が下がります。

「良い行い」とは実は利己的なものです。自分の幸福を追求するなら、他人にも親切にしなければなりません。今代表戦が盛り上がっているサッカーにたとえれば、多くのパスをもらうには、多くのパスを出さなければならない。なぜなら、ボールをずっと持ち続ける人にはだれもパスを出したがらないでしょう。逆説的ですが、自分がして欲しい事を他人に対してすることが、それをしてもらう一番良い方法なのです。
これを先人はことわざで、「情けは人のためならず」と言ってきました。

ボランティアもまさにその典型です。
上記の論理でいけば、被災者に多くの幸せを与えたボランティアの方々には、多くの幸せが返ってくることでしょう。
その支援に対する感謝が、このように間接的にでも支援者のもとに届けば、双方共にとても幸福な事だと思います。

神様に感謝、感謝。
[PR]
# by kansyanokoe | 2012-06-20 15:15 | 感謝の声

精神を浄化するということ

a0180968_14452121.jpg

矢巾町の男性の感謝の声です。
今回は感謝と言うよりも誓いと言った方がしっくりきますので、「ひとりごと」のカテゴリで投稿したいと思います。

この方は精神を浄化する事を神様にお誓い申し上げました。
さて、ここでいう「浄化」というのは、どういった状態を指すのでしょうか。

世の中では人の本性について、性善説と性悪説が唱えられています。
人間の本性が「善」であるか「悪」であるか、古来より議論されてきました。
曰く、「人間の本性は悪であるから、法律等で制限する必要がある」、
曰く、「元々人間の本性は善であるのに、外的要因によって悪になるのだ」と。

私は、人間の本性は生まれながらに善だと思っており、性善説を支持しています。
つまり、「悪」はすべて、周りの環境により後天的に発生したものだという事です。
よって、ここでいう「浄化」とは、心身にこびりついた「悪」を引きはがす事だと、私は理解しました。

問題はどうやって「浄化」を成し遂げるかという事です。
そのための方法は色々考えられますが、幸いにも今月は全国の神社に於いて「大祓」が行われます。
ぜひ皆様におかれましては、お近くの神社に御参拝頂き、茅の輪をくぐり人形に罪穢れを託して、心身共に清々しく向う半年をお迎え下されば幸甚に存じます。
[PR]
# by kansyanokoe | 2012-06-16 15:17 | ひとりごと